ハイヤー運転手に転職するメリット

subpage01

ハイヤー運転手への転職は、特に中高年層に人気があります。

未経験でも採用されるケースが多く、さらに一般のタクシー運転手よりもハイヤー運転手の方が、稼げます。

ハイヤーの転職の専門技術を身につけましょう。

専門会社が年齢や学歴不問で、求人広告を出していますが、未経験者は、まず初めに一般タクシー乗務員として実績を上げてから、ハイヤー部門に配属されるのが普通です。



またタクシー運転手に転職した場合は、昼夜交代で働くケースが多く、日中に24万円、夜間に33万円前後が相場です。しかし車両使用料やガソリン代が引かれるので、毎月の給与はおよそ23万円前後となります。その点、役員専用のハイヤー運転手に転職できれば、月収30万円前後が見込めます。タクシーのように営業的な側面が少なく、同じ役員を専用に載せることが多いため、安定した収入が望めます。

深夜の運転が少なくなるというメリットもあります。ただし少なくとも1年から5年以上は、タクシー運転手としての経験が要求されます。


そのため、まずはタクシー運転手専門の求人サイトに登録して、好条件のものから応募していくと良いです。

タクシー運転手として運転技術やマナーを磨くことが、将来のハイヤー運転手への転職に繋がります。



注意点として、一般のタクシー運転手は、休日返上で出社して、業務することも可能ですが、たとえ手取り30万円になっても、疲れて居眠り運転をするようでは危険です。運転手という職業は、体調の自己管理が大切です。